(RE)PICTUREレピクチャー

レピクチャー
(RE)PICTURE

What do we think of when we look at a single picture?

 

The transmission of an image involves “material” (chemistry), “shape” (figure), “mind” (impression) and also includes “space” as a keyword.

Like a chemical reaction, those visible elements interweave with the invisible to create a cycle of association when the imagination of a viewer is applied.

Believing that the human imagination is also one of our planet’s invaluable assets, we adopted “resource” as the theme for the first issue of our magazine.

Issue one photographed by Marvin Leuvrey, Jaap Scheeren, Theo Simpson, Yuji Hamada, Mark Borthwick.

 

 

 

 

 

 

我々は1枚の写真を見た時、何を思うのだろうか?

 

画像の伝達には物質(化学)、形象(図像)、精神(印象)に加え、空間というキーワードがある。

それらの目に見える要素と目に見えない要素が化学反応のように交ざり、そこに鑑賞者の想像が加わることで循環的な連想ができるものになる。

本誌初号では人間の持つ想像力も地球の一つの資源であると考え、”resource”というテーマを掲げた。

参加作家(登場順):マーヴィン・ルーヴェイ、ヤープ・シェーレン、セオ・シンプソン、濱田祐史、マーク・ボスウィック